揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機会が増えて来るでしょう。

居酒屋で飲むときは、揚げ物や妙め物などの油を使ったつまみがどうしても多くなってしまいます。

ここでは、その揚げ物をとりあげ、

  • 食べても太らないという誤解
  • 健康への影響はどうか
  • 食べすぎで病気になるとは

について確認し、ご紹介します。

揚げ物は食べても太らない は大きな誤解とは?

炭水化物や糖の間違った摂り方が太る原因だったということは以下の記事でもご紹介しました。

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

一方 油は太る原因ではありません

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

「ならば、揚げ物は食べても太らないんじゃないか」と早合点してしまう人がいるかもしれません。

しかし、これはとんでもない大きな誤解なんです。

 

揚げ物は 健康に悪い!その理由とは

実は、揚げ物はたんなる糖質よりさらに体にダメージを与える食べ物なのです。

その理由を説明しましょう。

油が加熱されて酸化する

まず最初にお伝えしたいのは、揚げ物をするほど高温に耐えられる自然の油はない、ということです。

ではどうなるのか? 油は揚げ物をするほど加熱すると酸化してしまいます。

酸化とは、成分に酸素が付着する反応であり、酸化した油は、体にさまざまな悪影響を及ぼします。

 

油が酸化するその他の原因

  • 空気に長時間触れることによる酸化
  • 光(可視光線、紫外線)、湿度、イオン、微生物、酵素 などの作用による酸化

 

 

酸化した油の健康への影響

まず、酸化した油を摂取すると、活性酸素過酸化脂質という有害物質が体内に増え、それにより細胞も酸化し傷ついてしまうのです。

酸化して傷ついた細胞は、正常に機能できなくなります。

そして、炎症反応を起こします。

やがて、その影響は臓器にまで広がり、老化病気を引き起こすと考えられています。

例えば、活性酸素や過酸化脂質という有害物質が血管内に蓄積されると動脈硬化を招きます。

つまリ、酸化は体の炎症を引き起こす、ということなのです。

 

揚げ物の食べ過ぎで病気になるとは?

炎症はすべての病気のもとになる、といっていいほど、多くの体の不調に関係しています。

体内に炎症があるとコレステロール値が増えますし、慢性的な炎症は、心臓病、脳卒中、ガン、アルツハイマー症を引き起こします。

アメリカではこの炎症のことを「サイレントキラー」(静かな殺し屋)と呼ぶそうです。

サイレントキラーは、自覚症状がないまま静かに進行していき、生命をおびやかす病気を引き起こす元凶として警鐘が鳴らされています。

用語解説:サイレントキラーとは
これといった自覚症状がないため、危険を自覚しないまま放置され、知らないうちに進行し、ある日突然命にかかわる状態となり、初めてことの重大性に気が付く病気のことをいいます。 生命の危機を招く恐れがあるため、「沈黙の殺人者 (Silent Killer)」と呼ばれています。

代表的な病気に高血圧があります。生活習慣病も、その多くが自覚症状が少なく、放っておくと脳卒中や心筋梗塞を発症するため、サイレントキラーといわれています。

 

たっぷり衣のついた天ぷらフライドポテトドーナツといった揚げ物は、食欲をそそります。

でも、これらの揚げ物は糖質だけでなく酸化した油も同時に摂ることになり、炎症の原因ともなる最悪な食べ物なのです。

従って、揚げ物の食べすぎには注意しましょう。

まとめ

似顔絵データ100

 

糖尿病の食事療法でもある糖質制限では脂質やタンパク質はしっかりとります。

ひとロに脂質といってもさまざまな種類があり、「とるべき脂質」もあれば、「避けたい脂質」もあります。

「とるべき脂質」

  • オレイン酸・・・オリーブオイル
  • DHA、EPA・・・魚油
  • α-リノレン酸・・・「アマニ油」「エゴマ (シソ)油」

なお、酸化した油以外の「避けたい脂質」についてはこちらをご覧ください。

➡ リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

 

コストパーフォーマンスの優れたEPA DHAサプリを選ぶならこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvs佐藤製薬vsさくらの森

dhakinari

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方によってはデメリットもあります。

記事を読む

代謝の働き?消化酵素と代謝酵素との関係?健康的なスリム体型を維持する秘訣とは?

前回の記事: 日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせるダイエット法

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

酵素が健康ダイエットの本命!生活習慣病を防ぎアンチエイジングにも効果的とは?

前回までの記事で酵素は、私達の体の免疫力を上げることをご紹介しました。 ところで、酵素はダイエ

記事を読む

日本人の食事の課題=太りやすい&やせにくい とは?健康的にやせるダイエット法は?

戦前の日本には、肥満で悩む人はほとんどいなかったそうです。 肥満に悩む人が増えてきたのは、日本

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。 そう、実は今、酵素はブ

記事を読む

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

  • ダブル酵素とトリプル乳酸菌、さらに5つのサポート成分の贅沢サプリが、定期初回980円で90日返金保証付でGETできます。
    ↓ ↓ クリック ↓ ↓

  • はじめよう!カラダのメカニズムを整えてすっきり体質へ!
    1日不足分の野菜とフルーツを配合!生酵素と栄養酵素をダブル配合!
    ↓ ↓ クリック ↓ ↓

  • 大ヒット商品の『すっきりフルーツ青汁』を販売する「FABIUS」より生酵素サプリが新登場!

    もっとすっきり生酵素」の詳細はこちら

    ↓ 公式ページ ↓

    もっとすっきり生酵素

PAGE TOP ↑