活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

 

記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減らし寿命を延ばすには?

で、ご紹介しましたように

「寿命をきめているのは、どうやら活性酸素らしい」ということがわかってきました。

「がん、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病」という現代人にとっての4大疾病も、活性酸素が原因で起こってくることがわかっています。

ところで、この活性酸素の害を消去できる食べ物があるってご存知ですか。

ここでは、活性酸素の本来の役割とそれが害となる条件を確認した上で、代表的な害である「がん」を防ぐための食べ物をご紹介します。

活性酸素の重大な害とは?

活性酸素の本来の役割

なぜ、私たちの体は、老化や病気を起こすような物質:活性酸素を発生するのでしょうか。

実は、活性酸素は、免疫システムの仲間でもあり、体に必要な物質なのです。

免疫システムには、自分の一部と判断される「自己」と、そうでない「非自己」とを見分ける働きがあります。

外から侵入する病原菌やウイルス、体内で発生するがん細胞は非自己物質です。

免疫細胞の仲間である頼(か)粒球は、そうした非自己物質が発見されると、活性酸素をいっせいに放出し、死滅させる働きがあります。

つまり、活性酸素とは本来、病気を起こす敵を倒すための武器でもあるのです。

活性酸素が害を起こす条件は?

ところが、活性酸素は多くなりすぎてしまうと重大な害を起こしてしまいます。

過剰活性酸素の害

現代社会には、免疫システムが非自己と判断してしまうものであふれています。

つまり、活性酸素が増えすぎて害となる条件があふれているのです。

私たちの免疫シスナムは、1万年前から変わっていないことはわかっていますが、1万年前になかったものは、非自己と判断されるのです。

活性酸素が増加する原因は

食品添加物には、天然系のものもありますが、多くは工場でつくられる化学合成品です。

1万年前にはなかったものです。

中には、アスコルビン酸のように天然のビタミンCそっくりに合成されているものもあります。

ペットボトルに入ったお茶などには、原材料欄に「ビタミンC」の記載があります。

あれはレモンから絞ったビタミンCではありません。

アスプルビン酸という化学物質です。用途は酸化防止です。

天然素材の成分そっくりにつくられている添加物は、他にも数々あります。

しかし、免疫ンステムは精度がよく、自己と非自己を見分ける力に長けています。

化学物質は非自己であり、活性酸素の発生を不必要にうながします。

また、家電なとから発生する電磁波や農薬大気汚染たばこの煙なとも活性酸素を過剰に発生させる原因となります。

活性酸素が増加する原因

こうして考えると、現代の生活は活性酸表を増加させやすい環境にあるといえます。

 

記事 がん細胞は毎日 発生?免疫システムががんを防ぐ?健康で長生きする秘訣とは?

では、すべての人の体内では少なくても3000~数万個のがん細胞が発生していることをお話しました。

しかし、活性酸素を発生させやすい現在の生活環境に生きている人は、1日に数万個ものがん細胞を発生させていると推計されます。

こんなに多くのがん細胞が毎日生まれていては、よほど免疫力が強くなければ、がん細胞をすべて退治できません。

では、現在に生きる私たちは、どうやって免疫力を高め、がんを防げばよいのでしょうか。

がんを 防ぐ 食べ物とは

がんを防ぐ最大の方法は、活性酸素を無毒化するような抗酸化作用のある食品をとることです。

野菜や豆類などの植物性食品には、「フィトケミカル」という化合物が含まれます。

フィトケミカル

このフィトケミカルには、活性酸素を消すことのできる強力な抗酸化作用があります。

「フィト」とはギリシャ語で植物、「ケミカル」は化学物質の意味です。

フィトケミカルは大きく分けると

  • 「食物のアクや色素の成分で、葉、花、樹皮などに含まれるポリフェノール
  • 「緑黄色野菜や海藻などに含まれる色素成分のカロテノイド
  • 「ネギ類の香りの成分、大根やワサビやカラシ菜などアブラナ科の野菜の辛みの成分であるイオウ化合物
  • 「ハーブや柑橘類の香りや甘味の成分であるテルペン類
  • 「キノコ類に含まれる不消化多糖類のβ-グルカン

などがあります。

 

食物に合まれるこうした天然の化学物質を、毎日、できるだけ多くとることが大事なのです。

フィトケミカル摂取のおすすめ

この記事で、現在社会は、活性酸素を異常に発生させやすい環境であることはご理解できましたか
それ故、活性酸素の害を消去できるフィトケミカルを摂ることの大切さがわかりますね。

緩い糖質制限実施中の私は、ただ糖質のみに注意するだけではなく、エージング対策として、肉や魚などとともに、フィットケミカルを含む野菜や果物もしっかり摂るようにしています。

また、風邪・インフルエンザなど、あらゆる病気の予防対策として免疫力を高めておくことが重要ですので、適切なサプリメントを利用するのもよいでしょう。

ところで、最近、免疫活性効果の極めて優れた成分「ブロリコ」が発見されたって事をご存じですか。

ブロリコって何??なのでしょうか。今なら無料で免疫についてわかりやすくまとめた小冊子をプレゼントしてもらえます。

そこで早速、私も資料請求しました。あなたもいかがですか?

 

サプリで免疫力を高めたい方へ、無料で資料請求するならこちら
↓ ↓ クリック ↓ ↓ 


 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

前回の記事 ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生

→もっと見る

PAGE TOP ↑