ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

前回の記事

ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生野菜のデメリットとは?

では、ガンにならないファイトケミカルの摂取法のポイントとして

野菜などはそのまま生ではなく、加熱して食べるという点を強調しました。

そして、野菜スープが最適なことをご紹介しました。

そこで今回は、ガンにならないファイトケミカルスープの具体的な作り方や食べ方等をご紹介します。

 

ファイトケミカルスープの作り方は?

ファイトケミカルスープの具材

ファイトケミカルスープは、日本全国どこでも手に入りやすく、安価で家庭に常備しやすい4種類の野菜を使います。

  • キャベツ 100g
  • タマネギ 100g
  • ニンジン 100g
  • カボチャ 100g

 

 

ファイトケミカルスープの作り方

ファイトケミカルスープは、次のようにして簡単に作れます。

  1. 4種類の野菜を食べやすい大きさに切り、大きめの鍋に入れます。
  2. 野菜が隠れるくらいの水 (およそ1リットル) を注いで強火にかけます。
  3. お湯が沸騰したら中火にして、30分ほど煮込みます。

調理上のポイント

ファイトケミカルスープの調理のポイントは3つあります。

1.ニンジンとカボチャは汚れを除いたら、皮ごと使う。

ファイトケミカルは植物が自分の身を守るためにつくる物質ですから、外側の皮の部分に多く含まれています。
野菜は、基本的に皮ごと使う習慣をつけましょう。

2.フタがしっかり閉まって蒸気が外に逃げず、長時間加熱しても焦げにくいホーロー鍋等を使う。

蒸気にもファイトケミカルが含まれていますから、鍋のフタから蒸気が渥れると貴重なファイトケミカルが失われます。

3.食塩などの調味料を一切加えない。

野菜本来の甘味とうま味だけで美味しく食べられますし、塩分を入れると塩分の過剰摂取につながる恐れも出てくるからです。
このファイトケミカルスープをしばらく飲んでいると、味覚が敏感になり、調味料を入れなくても美味しく味わえるようになります。

 

ファイトケミカルスープの食べ方は?

ファイトケミカルスープを食べる重要なポイントは、具材ではなくむしろスープを残さず大事に食べることです。

 

スープには、4種類の野菜に含まれるファイトケミカルが溶け出しているからです。

具材はもちろん食べてもOKですが、残ったら味噌汁やカレーなどに再利用してください。

通常は野菜を茹でたら、茄で汁を捨てて、茹でた野菜だけを食べますが、これは、わざわざファイトケミカルだけを除いて食べているようなもの。

これからは、野菜は茹で汁ごと食べるようにしましょう。

ファイトケミカルスープの保存法は?

前述の作り方で、800ml ほどのファイトケミカルスープができます。

これを1日200~600mlずつ摂取します。

起床して朝食を食べる前、夕食の前などの空腹時に飲むと、体内にファイトケミカルが吸収されやすくなります。

温かくしても、冷たくしても美味しく飲めます。

ファイトケミカルは冷凍しても効力は変わりませんから、一度にたくさん作って冷凍保存しておくのもおすすめです。

冷凍保存する際は、スープと具材を別々にしないで一緒に保存容器に入れます。

使うときは容器ごと電子レンジで解凍します。

解凍する際に野菜の細胞膜が壊れてファイトケミカルが溶け出しますから、有効成分もたっぷり含まれています。

カボチャの甘味がさらに強くなり、美味しくなります。

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑