「肉は太る」の間違いとは?ダイエット 失敗の原因は?健康・長寿の秘訣とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

食後血糖値を上げる栄養素は糖質だけです。

ご飯茶碗1杯(150グラム) の糖質は55グラム。

サーロインステーキ1枚(200グラム)は糖質1グラム未満です。

従って、ステーキをお腹いっぱい食べたほうが、血糖値の上昇を抑え、ダイエットにも効果的なのは一目瞭然です。

にもかかわらず、「肉は太る」という考えは、現代人の思考にかなり根強く染みついています。

そこで、ここでは「肉は太る」と思ってしまう訳を確認し、ダイエットに成功し健康・長寿につながる方法をご紹介します。

「肉は太る」の間違いとは?

  • 「野菜たっぷりのサラダを食べていればヘルシーで体にいい」
  • 「精進料理は低カロリーでダイエットに最適」
  • 粗食こそがやせる体を作る

と信じ込み、サラダばかり食べている女性はたくさんいるようです。

実は、私も糖尿病の食事療法でお医者さんからダイエット勧められた時はそうでした。

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されて、「油脂(脂質)=悪者」という先入観から抜け出せないのです。

3大栄養素のうち脂質のカロリーは1gあたり9kcalタンパク質と糖質はともに4kcalなので、脂質がもっとも高カロリーだからです。

このためカロリー制限のダイエット方法では、脂質の摂取を制限するのが減量の近道だと思うのでしょう。

そして、肉食が太るというイメージを持ってしまうのです。

しかし、その思い込みがダイエット失敗の間違いだったのです。

参考記事⇒「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

ダイエット 失敗の原因は?

ダイエットに失敗するよくある原因は以下のとおりです。です。

的外れなヘルシー食で栄養失調

多くの女性を悩ます片頭痛や冷え症、便秘、生理不順なとの体調不良は、タンバク質と脂肪が足りない、”的外れなヘルシー食” からきています。

大量の野菜でお腹を満たし、鶏肉の皮や豚肉の脂身を取り除いて食べて、ダイエットをしたつもりになっていても、それが栄養的にも医学的にも「健康である」という根拠はありません。

食事は本来、体が必要な栄養素とは何か、という基準で選ぶべきです。

「太る」のは、本来食べるべきものを食べず、抑えるべきものをたっぷりとっている食生活に原因があります。

私たちの体(骨や筋肉や内臓)は、食事からとった栄養によって作られます。

食事によって生命維持をしているのは、少し考えれば当たり前のことですが、健康を気づかっている女性の多くは「ヘルシー」至上主義により、栄養失調状態が続いているのです。

カロリー制限食で栄養不足

また「カロリー」の数値を基準に、食事内容を決めるようなカロリー制限食も、栄養不足をもたらす諸悪の根源です。

基礎代謝を基準に、男性は摂取量1600キロカロリー、女性は1200キロカロリーに抑えると太らない、といわれていますが、ここにも根拠はありません。

サーロインステーキ200グラムは500~600キロカロリーなので「カロリー制限」を考えてしきうと、食事から排除されてしまいます。

500~600キロカロリーは、ご飯お茶碗2杯分なので、「ご飯のほうが、カロリーが低くてヘルシー」となってしまうのです。

しかし、そもそも栄養素がまったく異なる2っを、同じ数字で比べることに無理があります。

 

参考記事⇒肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

 

健康・長寿の秘訣とは?

体にいい食事とは

ダイエットを成功に導く食事とは本来は「体にいい食事」で健康や長寿につながるものです。

では「本当に体にいい食事」 とは何でしょうか。

それは、必須栄養素であるタンパク質と脂肪をしっかりとり必須栄養素ではない糖質を控えることです。

これこそ、人類が長い間続けてきた食生活であり、その生活を続ければ、漫然とした体調不良は自然となくなっていきます。

参考記事⇒人間は肉食動物に近い!必須 栄養素とは?糖質の食事からの摂取は必須か?

つまり、これが健康・長寿につながる秘訣なのです。

脂肪をとりすぎたとしでも、余計な脂質は体に吸収されず、水分と二酸化炭素として排出れるので、下痢をしておしまいです。

実際に、健康寿命の長い高齢の方に食生活のポイント聞くと「肉を食べている」と言う回答が多く返ってきます。

タンパク質と脂肪が、病気の予防になっているといえます。

肉が最良?

同じタンパク質として、魚を食べるのも悪いことではありません。

しかし、より人間の体に近いものを食べることが健康の秘訣なので、栄養成分を考えると肉のほうがぺター

牛肉や羊肉はさらにいいです。

脂身を落とす必要はないので、全体を食べるようにしましょう。

 

参考:⇒たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

正しい糖質制限が最適

糖質制限を正しく行うと、複合的にいろいろな症状がよくなることがわかってきました。

糖尿病の治療のために行った糖質制限の結果、肌荒れが治って若返ったり、やせてスタイルがよくなり外出が楽しくなったという方がたくさんいます。

花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患も、多くの場合症状が軽くなり、生活の質が向上していきます。

糖質を避けると同時に、必要な栄養はたっぷりとることが、いきいきとした身体をつくるために大切なことです。

タンパク質と脂質を中心にとる食生活に変え、その分糖質を減らすと、2週間ほどの短期間で体重はするすると落ちていきます。

食べる量を制限する必要がないので、ストレスはなく、続けやすいのもダイエットには最適。

リバウンドもなく、体にはいいことばかりなのです。

 

参考記事:⇒正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑