「 ダイエットの基本 」 一覧

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化したものです。   つまり、GI値が高いものは血糖値を上げやすく、インスリンの分泌

続きを見る

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引き立てます。 米や穀物を原料にして作られる日本の酢は、日本食にはなくてはならない調味料です。

続きを見る

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優良食材です。 それだけでなく、GI値も低く、炭水化物など高GI値の食材と組み合わせることで、血

続きを見る

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば、かつおなど青魚が中心でした。 青魚には、オメガ-3脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)やD

続きを見る

冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思ってダイエットを諦めていませんか。 でもご飯を食べても痩せやすい方法があるのですよ。 こ

続きを見る

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です。 ダイエットというと、どうしても量を減らすことばかりに神経をとがらせがちですが、 私が

続きを見る

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。 日本肥満学会では、たんばく質と脂質、炭水化物(糖質)のバランスを15%、25%、60%になるよう

続きを見る

小太りの方が長生きって本当か?BMI判定の限界は?肥満の判定は体脂肪率で!とは?

あなたは、小太りくらいの方が長生きできるから・・・と思ってメタボを放置していませんか? 事実、新聞記事でも「小太りくらいの人の平均余命が最も長い」との記事を目にした方も多いかもしれません。

続きを見る

好きなものを食べる ダイエットとは?食べるタイミングと食べ過ぎに注意!

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「好きなものが食べられなくなるから」という人がいます。 でも、それは言い訳です。 実は、好きなものを食べてもできるダイエットのや

続きを見る

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。 ここではなぜオリーブオイルが他の植物油に比べてすぐれているのか?について、 まず、コレステロ

続きを見る

[ 広 告 ]
食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で用10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

前回の記事 ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生

ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生野菜のデメリットとは?

  記事 ファイトケミカルとは?2つの特徴とは?

→もっと見る

PAGE TOP ↑