「 今時なダイエットのポイント集 」 一覧

糖質制限で食べれるご飯の量は?厳しい制限は危険か?実践上の注意点は?

昨今、糖質制限のダイエット効果が認められてきて、実践される方が増えてきました。 でも、1日1回はごはんを食べないとどうしても食事をした気にならないという人もいるでしょう。 そういう

続きを見る

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば、なぜ効果があるのでしょうか?。 これを理解するためには、糖質制限食の考え方をしっかり理解して

続きを見る

ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い?デメリットは?食べれる糖質の目安は?

あなたは、ロカボって何かご存知ですか? 北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している食事法なんです。 ロカボについては 記事:カロリーに対する栄養学の変化は?ロカ

続きを見る

代謝アップに効果がある栄養成分は? サプリは?運動+BCAAの効果とは?

綺麗な体を作るためには、体内で起こるさまざまな代謝を活性化する必要があります。 そこで、ここでは、まず代謝の種類を確認し、代謝を上げるために効果がある栄養成分をご紹介します。 また、代謝ア

続きを見る

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。 脂質はOKなので食事の自由度が高く、満足度を高めることができて継続しやすいのです。 例え

続きを見る

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限食を実践するに当たり、高脂質の食事を続けたら肥満になってしまうのではないかと思いますが、心配はないの

続きを見る

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってあるのでしょうか? また、そんな栄養成分を配合したサプリメントにはどんな効果があるのでしょうか?

続きを見る

タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

前回の記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは? では、たんばく質を構成するアミノ酸は、健康維持や綺麗な体を作る基盤だから、しっかり摂る必要があるこ

続きを見る

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、「日本人は昔からコメが主食だった」という言い方をする人がいます。 食事には文化や習慣と深く関係

続きを見る

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? それでは、ケトン体を

続きを見る

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑