「 栄養学の新常識 」 一覧

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌を外部から取り入れ、増やす方法をとりあげました。 ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

続きを見る

食事量を減らすと太る?ヤセ菌が好む腸内環境とは?糖質を減らすと痩せるとは?

ダイエットというと、食事制限がつらい。 食べる量を減らすのは、空腹のがまんができない。 ……というイメージがあるのではないでしょうか? もちろん、食べるものの内容を制限することは大切

続きを見る

ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の作り方は?

同じ食事内容であっても、太りやすさは、その人の筋肉量や体温、食べ方によっても変わります。 さらに、最新の研究では、腸内フローラが肥満と関係していることがわかってきました。 ところで、あなた

続きを見る

ミネラルで美肌になる?便秘はミネラル不足が原因?ミネラルが多い食べ物とは?

肌荒れなどお肌のトラブルの主要な原因のひとつとして便秘が挙げられます。 そして、ビタミンが善玉菌(有益な腸内細菌)の働きを活発にし、腸内環境を改善して便秘解消効果あることはよく知られています。

続きを見る

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多くいます。 しかし、コレステロールの高いことはそれほど悪いことなのでしょうか? ここで科学的にしっかり見極めておきたい

続きを見る

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく質を減らさないことかポイントです。 そのために、食品からたんばく質を毎日摂取する必要があると言われています。 以前の記

続きを見る

肥満は飢餓に備えた身体の防衛反応!時計遺伝子の働きとは?朝食との関係は?

前回の記事では、時間栄養学の研究で、「朝食を抜くと太る」理由として以下の点を上げました。 食事の時間によっても代謝のしかたが変わり、同じ量の食事でも夜食より朝食のほうが痩せやすい。

続きを見る

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてきたことをご紹介しました。 ⇒食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学

続きを見る

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか? 栄養学的に日本人が1日に必要とするエネルギー摂取量は2200キロカロリーといわれていますが、実

続きを見る

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのための体」(解糖エンジンがメイン)からだいたい50歳ぐらいの更年期に「長寿のための体」(ミ トコンドリアエンジンがメイン)と移行させ

続きを見る

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑