「 栄養学の新常識 」 一覧

和食は健康的は嘘?和食の欠点は? 地中海食の健康効果とは? 

カロリー制限食の有効性を主張される、糖尿病学会や病院の先生方は、 戦後の食の欧米化によるカロリー摂取の増加と運動不足の進展が糖尿病やメタボ患者を増やしている原因と決め付け、 従来の和食がヘ

続きを見る

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制限では糖質の摂取を減らす代わりにたんぱく質や脂質はしっかり食べてるからです。 特に、たんぱく質は食

続きを見る

アメリカの失敗に学ぶ!肥満の原因 は?カロリー神話の嘘とは?

糖質制限食を継続していくうえで、糖質制限の効果のメカニズムを知っておくことは非常に大切です。 どうして糖質制限をすると痩せて健康になれるのかを確かな理屈として頭に入れておくと、糖質制限を続けよう

続きを見る

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われたことはありませんか? かって、栄養学の常識として、コレステロール悪玉説が叫ばれていました。

続きを見る

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。 すると、体脂肪燃焼によるダイエット効果がアップします。 このように、糖質制限とケトン体には深い関

続きを見る

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

糖質制限ダイエット実践者にとって、ダイエット効果を上げるためには糖質含有量の多い食材を避けることが大切です。 ところが、主食である炭水化物を減らし、自分ではしっかり糖質を制限しているのに、痩せないと

続きを見る

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂べき脂質をご紹介しました。 ⇒ 糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

続きを見る

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質=悪者は正しいとは言えません。 ここでは、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂

続きを見る

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。 そして、糖質を多く摂るほど老化は促進されることが分かってきました。 正しい糖質制限の効果はダイ

続きを見る

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした。 そのため、美しく痩せるためにはダイエットには低糖質・低脂肪・高タンパクの食事が良いと言われてき

続きを見る

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑