「 栄養学の新常識 」 一覧

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養バランスが決していいとはいえないメニューも多く、なかには評判とは裏腹に太りやすいメニューも少なくあり

続きを見る

「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

糖質制限ダイエット法を始めても、途中でを挫折し、止めてしまう人もいます。 いくら 「新しい健康」のためのダイエット法を勧めても、それを実践しないか、実践しても途中でやめてしまうのは、その方々の多

続きを見る

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。 山田先生は、カロリー制限一辺倒で糖質制限食を無視している日本糖尿病学会で孤軍奮闘しながら、ゆるやか

続きを見る

和食は健康的は嘘?和食の欠点は? 地中海食の健康効果とは? 

カロリー制限食の有効性を主張される、糖尿病学会や病院の先生方は、 戦後の食の欧米化によるカロリー摂取の増加と運動不足の進展が糖尿病やメタボ患者を増やしている原因と決め付け、 従来の和食がヘ

続きを見る

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制限では糖質の摂取を減らす代わりにたんぱく質や脂質はしっかり食べてるからです。 特に、たんぱく質は食

続きを見る

アメリカの失敗に学ぶ!肥満の原因 は?カロリー神話の嘘とは?

糖質制限食を継続していくうえで、糖質制限の効果のメカニズムを知っておくことは非常に大切です。 どうして糖質制限をすると痩せて健康になれるのかを確かな理屈として頭に入れておくと、糖質制限を続けよう

続きを見る

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われたことはありませんか? かって、栄養学の常識として、コレステロール悪玉説が叫ばれていました。

続きを見る

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。 すると、体脂肪燃焼によるダイエット効果がアップします。 このように、糖質制限とケトン体には深い関

続きを見る

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

糖質制限ダイエット実践者にとって、ダイエット効果を上げるためには糖質含有量の多い食材を避けることが大切です。 ところが、主食である炭水化物を減らし、自分ではしっかり糖質を制限しているのに、痩せないと

続きを見る

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂べき脂質をご紹介しました。 ⇒ 糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

続きを見る

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑