「 栄養学の新常識 」 一覧

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質=悪者は正しいとは言えません。 ここでは、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂

続きを見る

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。 そして、糖質を多く摂るほど老化は促進されることが分かってきました。 正しい糖質制限の効果はダイ

続きを見る

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした。 そのため、美しく痩せるためにはダイエットには低糖質・低脂肪・高タンパクの食事が良いと言われてき

続きを見る

正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランスや運動に気を使い、健康的なボディバランスのモデルが増えています。 彼女たちの食生活は、朝から肉と野菜をもりもり食べるそうです

続きを見る

人間は肉食動物に近い!必須 栄養素とは?糖質の食事からの摂取は必須か?

現代の栄養学では、摂取カロリーから計算した3大栄養素の好ましい摂取比率として、 炭水化物は65~60%、脂肪は20~25%、たんばく質は15~20%という数値割合が提唱さ れています。 しかし、

続きを見る

三大栄養素のカロリー数の疑問?食物毎の測定方法や計算結果はうさんくさい?

糖質制限では、なぜカロリー制限をしなくてよいのでしょうか。 糖質制限をすると、どうしても以前より脂肪摂取量が増えてしまい、その結果として摂取カロリー数は増える傾向があります。 「摂取カロリーが多い

続きを見る

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹を我慢するのって、つらいですよね。 ダイエット中でも、食べてよいものってないのでしょうか?

続きを見る

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそんな、らっきょうが日本ではどこでとれるのでしょうか? ここでは「畑の薬」らっきょうの驚くべき健康

続きを見る

深海サメの肝油のすごい効能とは?昭和初期小学校で肝油が配布された! 

昭和初期小学校では肝油が配布された 実は、肝油の健康効果は戦前から知られていました。 小さいころ、肝油を飲んでいた方も多いのではないでしょうか。 1925年、広島市学校衛生医会が「子ども

続きを見る

DHAの脳への効果とは?脳内での働きは?その他の健康効果は?

2016/05/09 | 栄養学の新常識,

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳細胞を活性化させ、 神経組織の機能を高める働きを持っているため、頭の良くなる成分として有名です。 ここでは、DHAのさまざまな健康効果の内、脳を若返らせる効果、

続きを見る

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑