「 生活習慣 」 一覧

腸の重要な働きとは?腸内環境の悪化の症状は?改善の方法は?

大腸内検査の専門医の先生によると、腸の状態のよい人は全身の健康状態もよく、生活習慣病などにもかかりにくいそうです。 けれども、残念なことに、現代の日本人の腸の健康状態はひどく悪化しています。

続きを見る

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと、無理をして食べていては、結局は太ってしまいます。 私たちの身体は冷蔵庫ではありませんから、身

続きを見る

メタボ 診断基準とは?内臓脂肪 チェックリストでわかるあなたの診断結果は?

メタボ 診断基準とは? 以前にご紹介しました以下の記事でも、メタボリックシンドロームの診断基準を紹介しました。 ⇒メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由 あらた

続きを見る

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だから大丈夫」と安心した方もいらっしゃるでしょう。 しかし、現在の数値の結果が健康だから5年後も健

続きを見る

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。 ですから、もちろん適正体重より多い人は体重を落とす必要があります。 しかし、やせすぎの人は

続きを見る

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中はおやつ厳禁」などといった言葉を使ったことはないでしょうか。 じつはこの「ダイエット中」という言

続きを見る

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」にならないってご存知ですか? あなたは、「早食い」になっていませんか? ここでは、まず、「早食

続きを見る

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、自分の生活習慣を振り返って自己チェックできるようなチェックリストをご紹介します。 これに記入し

続きを見る

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言われています。 それは、ゆっくり時間をかけて食べたほうが太りにくいし健康にも良いからです。

続きを見る

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

あっさりした食事のほうが太らないと思われがちですが、実はそうとは限りません。 あなたは、たとえば、うどんとおにぎり、そばといなりずしなどのメニューを選んでいませんか。 これらは、脂肪も控え

続きを見る

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑