「 糖質制限 」 一覧

糖質制限で食べれるご飯の量は?厳しい制限は危険か?実践上の注意点は?

昨今、糖質制限のダイエット効果が認められてきて、実践される方が増えてきました。 でも、1日1回はごはんを食べないとどうしても食事をした気にならないという人もいるでしょう。 そういう

続きを見る

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介しました。 ⇒糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

続きを見る

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思います。 中には、メロンパンやクリームパンなど、甘いお菓子のようなパンを朝食に食べる人も多いの

続きを見る

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高さから老若男女問わずに支持を得て年々実践者が増えています。 しかし、糖質制限ダイエットを継続するにあたり共通の悩みが存在しま

続きを見る

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパンなど糖質を多く含む炭水化物である主食をへらし、おかずを増やし、たんぱく質や良質な脂質を増やす食事に

続きを見る

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。 健康な人は少しゆるやかに30~40グラムを目安とすればいいでしょう。 でも、食事に含ま

続きを見る

ロカボではスイーツもOK?低糖質レシピもおすすめ?人工甘味料の危険性は嘘?

従来のダイエットでは、とかくスイーツは日の敵にされていました。 油やバターなどがたっぷり使われていて、カロリーが高いからです。 でも、前回の記事でご紹介したようように ロカボ

続きを見る

果物は甘いお菓子 ?果糖の血糖値への影響は?食べるならどうする?

果物は全般的に低GIだから、健康的でダイエットにも効果あり、と思われてきたようです。 低GIというのは、肥満と大きな関連性のある血糖値 (血液中のブドウ糖の量)を上げにくい食べ物です。 し

続きを見る

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるものでした。 その後、数年間、カロリー制限ダイエットにチャレンジしましたが一向に改善しませんでし

続きを見る

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば、なぜ効果があるのでしょうか?。 これを理解するためには、糖質制限食の考え方をしっかり理解して

続きを見る

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑