「 脂質 」 一覧

トランス脂肪酸が日本で溢れる理由?見分け方は?不自然な食品とは?

前回ご紹介した記事 油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか では、色々ある油の種類の内、特にトランス脂肪酸の危険性についご紹介してきました。 トラン

続きを見る

油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか?

ここまで、栄養素として脂質の重要性と油脂全般についてご紹介してきました。 脂質は、体のエネルギーになり、また、細胞膜の材料にもなり血液をつくります。 ただ、だからといって単に油脂をとれば健

続きを見る

動物性油脂=不健康 説の根拠は?「植物性油脂の方が健康に良い」に疑問あり?

脂質・脂肪酸の種類と働きについては既に、以下の記事で確認し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であることをご紹介しました。 脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解と

続きを見る

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれば、肥満を招くということも事実です。 でも、そのことで脂質=悪玉と決めつけるのは、大間違いです

続きを見る

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか? 目玉焼きやサラダ、パン、野菜ジュース?それとも、トーストとコーヒー? フルーツだけ? 卵

続きを見る

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパンなど糖質を多く含む炭水化物である主食をへらし、おかずを増やし、たんぱく質や良質な脂質を増やす食事に

続きを見る

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。 健康な人は少しゆるやかに30~40グラムを目安とすればいいでしょう。 でも、食事に含ま

続きを見る

油の悪いイメージは嘘!白いごはんよりチャーハン?ラーメンの健康的な食べ方は?

ロカボ食の定義や効果については以下の記事でご紹介しました。 ⇒カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?   ここでは、ロカボに於ける「油の摂取

続きを見る

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば、なぜ効果があるのでしょうか?。 これを理解するためには、糖質制限食の考え方をしっかり理解して

続きを見る

イヌイットの長生きの事例からわかる!厚生省「食事バランスガイド」の問題点とは?

厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」には、糖質を含めてバランスよく食べるようにとありますが、糖質を摂らなくて大丈夫ですか? という質問がありました。   答えは、ご心

続きを見る

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑