「 脂質 」 一覧

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。 健康な人は少しゆるやかに30~40グラムを目安とすればいいでしょう。 でも、食事に含ま

続きを見る

油の悪いイメージは嘘!白いごはんよりチャーハン?ラーメンの健康的な食べ方は?

ロカボ食の定義や効果については以下の記事でご紹介しました。 ⇒カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?   ここでは、ロカボに於ける「油の摂取

続きを見る

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば、なぜ効果があるのでしょうか?。 これを理解するためには、糖質制限食の考え方をしっかり理解して

続きを見る

イヌイットの長生きの事例からわかる!厚生省「食事バランスガイド」の問題点とは?

厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」には、糖質を含めてバランスよく食べるようにとありますが、糖質を摂らなくて大丈夫ですか? という質問がありました。   答えは、ご心

続きを見る

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限食を実践するに当たり、高脂質の食事を続けたら肥満になってしまうのではないかと思いますが、心配はないの

続きを見る

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってあるのでしょうか? また、そんな栄養成分を配合したサプリメントにはどんな効果があるのでしょうか?

続きを見る

動物性脂肪は体に悪い?エスキモーの食事がヒントとは?動物性脂肪の適量は?

脂質の種類と働きについては既に、以下の記事で記載し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であることをご紹介しました。 脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

続きを見る

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人間のエネルギー源はブドウ糖とケトン体であることを明らかにしました。 ここでは、人類の食の歴史を

続きを見る

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、ケトジェニックダイエットについてとりあげました。 ケトジェニックダイエットとは糖質制限をすると

続きを見る

脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

脂質は太るもの、体に悪いものという一部間違った情報がひとり歩きしてきましたが、近年、オメガ3などの良質な脂質の摂取が大事であることが、 マスコミでもとりあげられるようになりました。 さて、「脂

続きを見る

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑