「 脂質 」 一覧

EPAとDHAの効果とは?1日摂取量は?魚と肉の摂取すべき比率は?

「青魚」が身体によいことは広く知られるようになりました。 青魚は内臓脂肪を落とすうえでも、ぜひ取り入れたい食品です。 青魚の脂肪に豊富に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコ

続きを見る

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていました。 でも、いまではマーガリンは製造過程で、肥満の原因になりやすい「トランス脂肪酸」が発生す

続きを見る

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。 身体の代謝を活発にして脂肪細胞の増加を抑制してくれる油もあります。 内臓脂肪をつけない・ふやさない

続きを見る

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。 1つは、脂肪が皮膚のすぐ下に溜まる皮下脂肪型肥満です。 閉経前の女性に多く、下半身太りになりや

続きを見る

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば、かつおなど青魚が中心でした。 青魚には、オメガ-3脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)やD

続きを見る

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。 ここではなぜオリーブオイルが他の植物油に比べてすぐれているのか?について、 まず、コレステロ

続きを見る

オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

オリーブオイルのつくり方は極めてシンプルです。 ・まずはデリケートな実を傷つけないように、一つひとつ丁寧に手摘みで収穫。 ・摘みとった果実は速やかに丸ごと粉砕してペースト状にします。 ・この

続きを見る

脂質=悪者は誤解か?脂質エネルギー比の理想は?量より質が大切なわけは?

「脂質=悪者」は誤解か? 旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観があります。 3大栄養素のうち脂質のカロリーは1gあたり9kcal、タンパ

続きを見る

チアシード ダイエットで痩せた?その効果は?食事メニューは?運動は?

necosさん 31歳女性 主婦 管理栄養士 身長151cm 私が痩せたいと思った動機は、友人が華奢(きゃしゃ)になった事です。 横に並ぶのが嫌になりました。 彼女が隣にいるだけで太

続きを見る

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われたことはありませんか? かって、栄養学の常識として、コレステロール悪玉説が叫ばれていました。

続きを見る

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

PAGE TOP ↑