「 食べ方 」 一覧

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは? では牛乳神話について取り上げました。 牛乳は多くの人が、「体にいい」と信じて疑うことのない食品の1

続きを見る

酵素たっぷりの「4つの食品群」①生野菜 ②果物 ③発酵食品 ④生肉・生魚 とは?

すべての動植物に存在する酵素。 もちろん、野菜や果物の中にも酵素が含まれています。 このような食物酵素をとると、この酵素が消化をあと押しするので、自分の体内の消化酵素をかなり節約できるので

続きを見る

食べすぎが病気の原因!?食べすぎのサインとは?腹6分目の効果とは?

あなたは食べすぎを自覚していますか? 「自分は大食いではない」と思っている人は、多いでしょう。 でもそれは、食べすぎを自覚していないからです。 たとえば普段より食欲がないとき

続きを見る

健康で長生きの秘訣は?酵素は体の痛みにも効く?酵素を節約し有効活用するとは?

これまでの記事でご紹介したように、酵素は人間の体内でじつによく働いてくれます。 「消化酵素」 は食べ物の消化・吸収を行います。 「代謝酵素」は内臓、血液、骨格をつくり、また新しい酵素をつく

続きを見る

時間帯により必要な栄養は違う?朝食はタンパク質、糖質抜きダイエットは夜とは?

既にご紹介しましましたように、時間栄養学の研究により、食事を食べる時間によって、身体が発する熱量が違い、 同じ量の栄養素を合んだ食事でも、食べる時間によって体内での代謝のしかたが大きく変わるとが

続きを見る

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の発見によるものでした。 それにより栄養を摂取するのに時間が関係していることがわかったのです。

続きを見る

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてきたことをご紹介しました。 ⇒食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学

続きを見る

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか? 栄養学的に日本人が1日に必要とするエネルギー摂取量は2200キロカロリーといわれていますが、実

続きを見る

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのための体」(解糖エンジンがメイン)からだいたい50歳ぐらいの更年期に「長寿のための体」(ミ トコンドリアエンジンがメイン)と移行させ

続きを見る

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルトは善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす食べ物の代表格です。 また、最近では「花粉症の症状を減らす」「ビロリ菌を減少させる」「プリン

続きを見る

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑