「 食べ方 」 一覧

果物は甘いお菓子 ?果糖の血糖値への影響は?食べるならどうする?

果物は全般的に低GIだから、健康的でダイエットにも効果あり、と思われてきたようです。 低GIというのは、肥満と大きな関連性のある血糖値 (血液中のブドウ糖の量)を上げにくい食べ物です。 し

続きを見る

ココナッツオイルにバナナの効果は?フルーツの糖質で太るか?お勧めのレシピは?

前回ご紹介の記事 ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは? ではパンにココナッツオイルを塗って食べるのではダイエット等のは効果がないことをご紹介しました

続きを見る

ココナッツオイルの健康効果は?パンにココナッツオイルを塗るのは効果なしとは?

ケトン体をエネルギー源としたケトジェニック(ケトン体食)ダイエットの効果については、以下の記事で既にご紹介しました。 ⇒ケトン体食ダイエットの効果は?方法は?リバウンドは? ケトン体食事法

続きを見る

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆるやかな糖質オフ食にスイッチしたいというとき、主食を取り入れるなら、できるだけカラダへのリスクが低い

続きを見る

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとして大人気になっています。 日本でも、以前は特別なごちそうだった寿司も、回転寿司店ができてからは

続きを見る

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと、無理をして食べていては、結局は太ってしまいます。 私たちの身体は冷蔵庫ではありませんから、身

続きを見る

肥満のメカニズム|脂肪細胞の働きとは?食べ過ぎで起こる悪循環のリセット方法は?

あなたは、脂肪はお腹まわりにつくためか、なんとなく塊となってお腹にたまっているという印象をもっていませんか。 実は脂肪は、細胞でできています。 私たちの身体はたくさんの細胞で構成されていま

続きを見る

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くありません。 お酒で太ると言う人のお酒の飲み方は、お酒以上に、から揚げや串カツなど、高カロリーのお

続きを見る

間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

間違った ダイエットとは? ダイエットをしている人の多くが、「食事を減らす」、極端な人では「食べない」という選択をしています。 それは、『ダイエット中』という言葉の根底にある誤りであることは既

続きを見る

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中はおやつ厳禁」などといった言葉を使ったことはないでしょうか。 じつはこの「ダイエット中」という言

続きを見る

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑