リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂べき脂質をご紹介しました。 ⇒ 糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

続きを見る

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質=悪者は正しいとは言えません。 ここでは、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂

続きを見る

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。 そして、糖質を多く摂るほど老化は促進されることが分かってきました。 正しい糖質制限の効果はダイ

続きを見る

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした。 そのため、美しく痩せるためにはダイエットには低糖質・低脂肪・高タンパクの食事が良いと言われてき

続きを見る

正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランスや運動に気を使い、健康的なボディバランスのモデルが増えています。 彼女たちの食生活は、朝から肉と野菜をもりもり食べるそうです

続きを見る

人間は肉食動物に近い!必須 栄養素とは?糖質の食事からの摂取は必須か?

現代の栄養学では、摂取カロリーから計算した3大栄養素の好ましい摂取比率として、 炭水化物は65~60%、脂肪は20~25%、たんばく質は15~20%という数値割合が提唱さ れています。 しかし、

続きを見る

三大栄養素のカロリー数の疑問?食物毎の測定方法や計算結果はうさんくさい?

糖質制限では、なぜカロリー制限をしなくてよいのでしょうか。 糖質制限をすると、どうしても以前より脂肪摂取量が増えてしまい、その結果として摂取カロリー数は増える傾向があります。 「摂取カロリーが多い

続きを見る

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

実践してみればわかりますが、糖質制限をすると、ほとんどの人は面白いように体重が減り、お腹回りがスマートになっていきます。 しかも、カロリー制限もしていないのに、体重とウエストだけが減少していきま

続きを見る

糖質や脂質の吸収を抑えるサプリは?体脂肪の合成抑制、分解促進は?

ダイエットの基本といえばまず食事制限。 でも、独身者や単身赴任の方なら、食事制限に取り組みやすいでしょうが、ご家族で一緒に食事をする機会が多い方は、自分だけの特別メニューを準備してもらうなど、実践が

続きを見る

サプリは薬ではない!ビタミン・ ミネラル・たんぱく質を補給し自分に合うものを!

ダイエット中に不足しがちな栄養素を補ったり、体脂肪を効果的に燃焼させるために、手軽に利用できるサプリメント。 現在は数多くの種類が出ているので、自分に適した製品を選ぼう。 ただし、手軽さゆえに安易

続きを見る

[ 広 告 ]
肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

前回の記事 ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生

→もっと見る

PAGE TOP ↑