食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか? 栄養学的に日本人が1日に必要とするエネルギー摂取量は2200キロカロリーといわれていますが、実

続きを見る

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのための体」(解糖エンジンがメイン)からだいたい50歳ぐらいの更年期に「長寿のための体」(ミ トコンドリアエンジンがメイン)と移行させ

続きを見る

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルトは善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす食べ物の代表格です。 また、最近では「花粉症の症状を減らす」「ビロリ菌を減少させる」「プリン

続きを見る

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による健康効果についてご紹介しました。 腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは? そして、腸内環境のバ

続きを見る

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進められるようになったきました。 その結果、腸内細菌のメカニズムや機能・働き、健康や病気との関連性なども次々に解明され、わかって

続きを見る

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3万人前後の人が自ら命を絶つ中、約半数、がうつ病によるといわれています。 ところで、あなたは、腸内細菌とうつ病、腸内細菌とタン

続きを見る

糖質オフ レシピで何を食べる?活性酸素を抑える腸内細菌は野菜を摂ると増える?

既にご紹介した記事  40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるには? では 50歳以降は、老化を遅らせるため必要以上の糖質(炭水化物ー食物繊維)は控えるべきこ

続きを見る

食べ物の消化 経路は?小腸の構造と特徴は?大腸における腸内細菌の役割とは?

私たちが食事をしたとき、食べ物はどういう経路で、どんな消化管に入っていって、 どう処理されていくか、みなさんはイメージできますか。 そこで、今回はまず、私達の健康を支える基礎的事項として、

続きを見る

テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減らし寿命を延ばすには?

本来、人間には125歳まで元気に生き続ける遺伝子が備わっているということをご存知でしょうか。 人間の細胞の寿命は、遺伝子「テロメア」によって決められているそうです。 「テロメア」っていった

続きを見る

「糖質が脳の唯一のエネルギー」は嘘!活性酸素の影響?脳は酸素を栄養に働くとは?

「糖質が脳の唯一のエネルギー源」の嘘!とは? 「糖質をやめると、頭がボケる」と主張する人がいますが、これは誤りです。 「脳の唯一の栄養は、ブドウ糖だ」というこれまでの常識に基づいた考え方だと思

続きを見る

[ 広 告 ]
肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

前回の記事 ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生

→もっと見る

PAGE TOP ↑